フェムソイと腸活のメリット

シンバイオティクスって?

シンバイオティクスって?

シンゴジラのシンと同じ、融合という意味のシンバイオティクス。腸内細菌のエサになる食物繊維などのプレバイオティクスと、発酵食品などで善玉菌を直接補充するプロバイオティクスの、ふたつを組み合わせたものを言います。食物繊維と善玉菌を同時に摂ることで、短鎖脂肪酸が産生されやすくなります。短鎖脂肪酸は、腸のエネルギー源。便を出し、いい栄養を吸収し、病原菌をブロックしたりと、腸の機能をフルに活かして、より元気に活動するのに欠かせません。

シンバイオティクスって?

シンゴジラのシンと同じ、融合という意味のシンバイオティクス。腸内細菌のエサになる食物繊維などのプレバイオティクスと、発酵食品などで善玉菌を直接補充するプロバイオティクスの、ふたつを組み合わせたものを言います。食物繊維と善玉菌を同時に摂ることで、短鎖脂肪酸が産生されやすくなります。短鎖脂肪酸は、腸のエネルギー源。便を出し、いい栄養を吸収し、病原菌をブロックしたりと、腸の機能をフルに活かして、より元気に活動するのに欠かせません。

プロバイオティクスって?

プロバイオティクスって?

プロバイオティクスは、善玉菌を直接補充することができる食品や、サプリメントのこと。納豆やヨーグルトなどの発酵食品や、乳酸菌のビオフェルミンや、酪酸菌のミヤリサンなどもプロバイオティクスです。胃で消化してしまいやすいので、しっかり腸に届くものを選ぶのがポイントです。

プロバイオティクスって?

プロバイオティクスは、善玉菌を直接補充することができる食品や、サプリメントのこと。納豆やヨーグルトなどの発酵食品や、乳酸菌のビオフェルミンや、酪酸菌のミヤリサンなどもプロバイオティクスです。胃で消化してしまいやすいので、しっかり腸に届くものを選ぶのがポイントです。

プレバイオティクスって?

プレバイオティクスって?

プレバイオティクスは、善玉菌の餌になる食物繊維のことです。野菜、海藻、豆類、米類、発酵食品などに水溶性食物繊維や不溶性食物繊維が含まれています。繊維質だけでなく、オリゴ糖のようなジェル状のものも食物繊維です。善玉菌は、食物繊維を食べて、乳酸菌や酪酸菌を生産します。

プレバイオティクスって?

プレバイオティクスは、善玉菌の餌になる食物繊維のことです。野菜、海藻、豆類、米類、発酵食品などに水溶性食物繊維や不溶性食物繊維が含まれています。繊維質だけでなく、オリゴ糖のようなジェル状のものも食物繊維です。善玉菌は、食物繊維を食べて、乳酸菌や酪酸菌を生産します。

悪玉菌って?

悪玉菌って?

胃で消化しきれずに腸まで流れてきたタンパク質を分解してくれる悪玉菌。悪玉菌は善玉菌に対して半分、1:2の割合で腸にいるのがいい腸内環境の状態。食習慣やストレスなどで、異常増殖してしまうと、おならや便のニオイの元でもある硫黄硫化物を大量に発生して腸内環境が悪化。下痢や便秘になりやすくなります。また、老化や病気、食中毒の原因になる菌もいます。ウェルシュ菌、大腸菌、ブドウ球菌が代表的です。

悪玉菌って?

胃で消化しきれずに腸まで流れてきたタンパク質を分解してくれる悪玉菌。悪玉菌は善玉菌に対して半分、1:2の割合で腸にいるのがいい腸内環境の状態。食習慣やストレスなどで、異常増殖してしまうと、おならや便のニオイの元でもある硫黄硫化物を大量に発生して腸内環境が悪化。下痢や便秘になりやすくなります。また、老化や病気、食中毒の原因になる菌もいます。ウェルシュ菌、大腸菌、ブドウ球菌が代表的です。

善玉菌って?

善玉菌って?

善玉菌は腸の中で人間にとって有用な働きをする菌です。乳酸を発生して、腸の中を酸性に保って悪玉菌の発生を抑える乳酸菌、長寿菌と言われるビフィズス菌、免疫や腸壁の粘液に関わる酪酸菌、糖を分解してくれる糖化菌などがよく知られています。大豆イソフラボンをエサにエクオールを産生するエクオール産生菌も善玉菌です。いろいろな善玉菌がたくさんいることが大切と言われています。

善玉菌って?

善玉菌は腸の中で人間にとって有用な働きをする菌です。乳酸を発生して、腸の中を酸性に保って悪玉菌の発生を抑える乳酸菌、長寿菌と言われるビフィズス菌、免疫や腸壁の粘液に関わる酪酸菌、糖を分解してくれる糖化菌などがよく知られています。大豆イソフラボンをエサにエクオールを産生するエクオール産生菌も善玉菌です。いろいろな善玉菌がたくさんいることが大切と言われています。

加齢で腸内細菌のバランスが変わります

加齢で腸内細菌のバランスが変わります

60歳以降になると、生理機能の衰えなどから、腸内細菌のバランスが崩れ、ビフィズス菌が減少し、ウェルシュ菌などの悪玉菌が検出されることが知られています。ただ、加齢による腸内細菌の変化には個人差があり、ビフィズス菌や酪酸菌が多い人は元気で長寿と言われています。腸内フローラを整える食事や生活を今から習慣にして、いい腸内環境をずっと保ちたいですね。

加齢で腸内細菌のバランスが変わります

60歳以降になると、生理機能の衰えなどから、腸内細菌のバランスが崩れ、ビフィズス菌が減少し、ウェルシュ菌などの悪玉菌が検出されることが知られています。ただ、加齢による腸内細菌の変化には個人差があり、ビフィズス菌や酪酸菌が多い人は元気で長寿と言われています。腸内フローラを整える食事や生活を今から習慣にして、いい腸内環境をずっと保ちたいですね。