腸にいい糖、ダメな糖

腸にいい糖、ダメな糖

 糖質は太る。

糖質は腸を荒らす。

糖化は老ける。

 

それってつまり、炭水化物やフルーツやニンジンや芋は糖が多いから悪!

な気持ちになりまして、

30代〜40代は糖質オフダイエットにトライしました。

短期的には体重もすぐ落ちて、便利なダイエット法だったな〜。

 

でも実際、糖質オフがブームだったのは10年前くらいなんですよね。

 

50にもなると、10年前がついこないだのような気分ですわい。

そろそろこの情報アップデートしたほうがカラダに優しいようです。

 

 

最新の腸科学とカラダ栄養事情

 

ここ数年、DNA解析が目覚ましく進化して、

体の中のことがより詳細にわかるようになってきました。

 

そのひとつが腸内細菌のはたらき。

人間の腸にいる1000種類の腸内細菌が、

それぞれどんな働きをしているかが解明されてきています。

 

なかでもどの腸内細菌が体型、体の健康維持、

代謝と老化スピードにどれだけ影響しているかが

わかるようになってきています。

 

で、ですね。

「いい糖質」を摂らないと老ける、太るっていう結論に行き着いたわけです。

特に40代以降は体の中が激変するので、

「栄養を抜く」系のダイエットはマジで老けるわけでございます。

 

え?糖質って栄養なの?って思いましたか?

 

はい、いい糖質とは近年第6の栄養素と呼ばれるようになった

「食物繊維」=腸内細菌のエサのことです。

 

腸内細菌はこう考えています。

「人間は宿主なので、なるべく長く一緒に生きていきたい」。

なので、せっせと棲家である腸を綺麗に整えて、

代謝を良くして健康な細胞が生まれ変わるように働いています。

愛おしいです(変態😂)。

 

腸内細菌がいないと体にいい成分ができないんです

 

腸内細菌は「いい糖」を食べて、体にいい成分を作ります。

・ビタミンB群

 細胞を生まれ変わらせたり、

 糖や脂肪を代謝してエネルギーに変えるのに欠かせない栄養素です。

 食品から十分な量を取るのが意外と難しい栄養素でもあります。

・水素

 細胞の毒素を還元して無毒化してくれます。

・ビタミンK2

 質の良い骨を作ります。

・ポリフェノール、抗酸化成分

 細胞の酸化を防いで、老化を遅らせます。

 エクオールもその一種。女性ホルモンのバランスを整えます。

・短鎖脂肪酸

 腸の免疫を高めたり、腸の活動をよくします。

 体に脂肪が溜まりすぎるのを防ぎます。

 

そのほかにも、腸内細菌は多様な物質を作って、

腸と体を良い状態に保とうとしてくれます。

 

その結果、老化スピードはもちろんいろんな病気を防ぎます。

 

腸内細菌と病気の関係

 

現在、腸内細菌との関連が判明している疾患には下記があります。

 

大腸がん

肥満

糖尿病

動脈硬化症

炎症性腸疾患

うつ

認知症

アレルギー

肝疾患

 

40代からは腸内細菌に「いい糖」を与えて老化をスローダウン!

 

腸内細菌を大事にするのが老化を防ぐポイントです。

腸に「いい糖」は、

果物、野菜、根菜、芋類、豆類、海藻類、炭水化物。

これらは抜いたらNGな糖。

 

食物繊維と細胞を作るエネルギーになる糖です。

食べ過ぎなければ太りません。

特に40代以降はこれが足りないと、

血中のコレステロールが上がってしまうので、

適量食べるのが老化防止には必須です。

 

腸に悪い糖はこれ!

 

腸にとってオフしたほうがいい糖もあります。

それは悪玉菌を増やす糖。

腸内環境を荒らして、血糖値も急上昇。

老化を加速させます。

 

・ぶどう糖果糖液糖(果物のぶどう糖とは違うものです)

・人工甘味料

・白糖

 

白糖の代わりにお料理に使えるおすすめの糖

 

お砂糖は美味しいので、お菓子で食べてしまいますが、

取り過ぎには注意したいです。

そこで、お料理にはお砂糖の代わりにこんなものを使うのもおすすめです。

 

善玉菌の餌になる「いい糖」類で、上の2つは発酵食品。

砂糖と違って栄養も豊富。

ぜひ取り入れてみてくださいね。

 

・本みりん

・米麹100%甘酒

・ドライフルーツ

 

***************** 

腸内環境が気になる大人の女性におすすめ!

 

腸活×女性ホルモンケア。2つの力で老化をスローダウン!

リピート率97%の大豆から生まれた発酵食品「フェムソイ エクオール プラス」

更年期の不調を我慢しないで、

人生100年を元気に、美人に、自由に生きましょう!

商品を見てみる

***************** 

文)久保田ミオ /ラクニコ ディレクター

見た目も体の中もおばさん化したくない。指の痛みや汗を我慢したくない。これからもずっと健康に美味しいご飯を食べたい。そして腸と女性ホルモンケアに行き着いた50代元美容ライター&ダンサー。食生活指導士、アロマテラピスト

 

 

 

 

 

 

ブログに戻る