お腹を温めて、冬も免疫力キープ。

お腹を温めて、冬も免疫力キープ。

「お腹を冷やすと風邪をひくよ」と、子供の頃、よく母に言われていました。

そんなものかなと、なんとなく過ごしていましたが、

よく考えてみたら、お腹を冷やすと風邪を引くのはどうしてなのでしょう?

どうやら、腸の免疫機能は冷えに弱いことに理由があるようです。

 

お腹が冷えると血流が滞って、便秘になったり、免疫細胞の働きが低下します。

腸の働きが活発になるのは、副交感神経が優位の時ですが、

寒いと交感神経が優位になります。

すると、腸の働きが鈍くなり、便秘になりやすくなります。

そして、血流も悪くなり、腸の働きも悪くなるので、

免疫細胞の活動が低下します。

腸には全身の約70%の免疫細胞があります。

なので、冷えると免疫が下がり、風邪などの感染症にかかりやすくなるのです。

お腹を温めると、便秘が改善したり、

免疫細胞の一つ、リンパ球が増えたという研究結果もあるくらい、

お腹の冷えは、腸には苦手なことなのです。

お腹が冷えやすい冬は、腸の温活で、風邪をひかずに元気に過ごしたいですね。

 

腸を優しく温める、3つのポイント

1 お腹や腰を外から温めます。

お腹や腰を温めることで全身が温まるうえ、自律神経も整います。

腸のぜん動運動が促進されるので、免疫力もアップ。

カイロや温タオルなどで腰を温めて、便秘やお腹の張りを和らげる看護法もあります。

2 冷たいものを食べすぎない。

暖かいお部屋で食べるアイスクリーム、美味しいですが、

冷たいものは胃腸を冷やしてしまいます。

胃が冷えると下痢を引き起こすこともあります。

冬の冷たい食べ物は、できるだけ食べすぎないように過ごしたいです。

3 運動、入浴、睡眠、食事で整える。

筋肉があると、体温が上がり、冷えにくくなります。

また、冷えで乱れやすい自律神経は、入浴と睡眠で整えて。

生姜などの体が温まるものを食べるのもいいですし、

腸活で腸内環境を整えることも免疫アップに欠かせません。

 

ブログに戻る