食物繊維で美活< ビーツ>

カットすると赤い汁が出て、まな板がみるみるじわーっと真っ赤に染まるわね。

その様子は、まさに、血液。ぎゃー。

どうりで、食べる輸血、と呼ばれるのはこれね、と思ったけれど、

実際にも血液に関係する栄養がたっぷりだったから驚いたわ。

(初めてカットした日には、本当にびっくりしたけど、洗えば取れるから大丈夫よ)

造血ビタミンと呼ばれる葉酸がたっぷりなのよ。

ビーツ1個(200g)で1日に必要な葉酸の量がほぼ摂れるくらい。

そして、NO(一酸化窒素)。他のお野菜ではあまり聞かないかもしれないわ。

血管を広げて血流を良くする物質なのよ。血流が良くなると、酸素の量も増えるから、疲れが取れて元気が出てくるのよ!

 

***********ビーツの特徴的な栄養*************

葉酸

赤血球の生産を助けたり、代謝に関与しており、細胞の生産や再生を助けることから、体の発育にも重要なビタミンです。

妊娠中のママにも注目の栄養素。

他にも、動脈硬化の予防や、血中のコレステロール値を低下させる可能性があると考えられています。

 

NO(一酸化窒素)

 

血管を健康に保ち、血管を広げて、血流をよくする効果があります。

 

水溶性食物繊維(オリゴ糖)

 

食物繊維は善玉菌のエサ。血糖値の上昇を抑える機能もあります。

ビーツ1個(200g)で5g、1日の目標17gの約34%くらい摂れてしまいます。

 

ベタレイン、ベタシアニン

 

赤い色の素になっているポリフェノール。

***************************

 

ポリフェノールといえば、抗酸化、そう、日頃からケア意識の高い皆様ならもうご存知の、美容と健康に大切な、抗酸化!よ!

 

ビーツの味は、少し甘みがあって、そして少し土っぽい香りがするの。

わたし的には、トウモロコシに似ている、といつも思っているわ。

 

というわけで、トウモロコシ的に食べると美味しいといつも思うの。

ボルシチが有名だけど、作るのが大変そうだから、それはお店で食べることにして、家では簡単にポタージュ。

じゃがいもと合わせると、まろやかで美味しくなるのでおすすめよ!

 

ビーツの簡単ポタージュ

 

(2人分 所要時間30分)

ビーツ 1個 (200gくらい)

じゃがいも 中1個(120gくらい)

玉ねぎ 1/2個(120gくらい)

牛乳150cc

 

一人分の栄養

葉酸128g=1日の約1/2

食物繊維5g=1日の約1/3

 

 1)ビーツ、じゃがいも、玉ねぎカットして、かなり柔らかくなるまで煮ます。

*10分くらいで柔らかくなるけど、20分煮るとかなり柔らかくなります。

*水はひたひたくらい。

*煮ている間に水分がなくなることもあるので、気をつけて。

2)柔らかくなったら、ブレンダーなどで潰します。

3)牛乳を入れて、塩胡椒して完成です。

*ハーブなどを入れるとより美味しいです。

*完璧に潰さず、実がゴロゴロしていても美味しい。

*牛乳を入れるとカロリーを抑えられますが、ココナッツミルクもおすすめ