「骨量が減ると骨が小さくなるから顔がたるむんですよ〜」だとぉ!?

「骨量が減ると骨が小さくなるから顔がたるむんですよ〜」だとぉ!?

私「最近、ブルドック顔っていうか、マリオネットラインが気になるんです〜」

 

セラピストさん「骨量が減ると、お顔の骨も小さくなるから、

その分余った皮膚が下に下がって顔がゆるむんですよ〜。

なので、その代わりにヒアルロン酸とか注入するのおすすめです。

こめかみとか、頬ぼねとか、小さくなりますから、

そういうところにですね」

 

以前プラセンタ打ちに通っていた地元の美容皮膚科で相談したら、

そのように教えていただきました。

ガラスの50代こと私のハートは瞬間で谷底に落ちましたよ。

 

えーっ!老化で

か、顔の骨が小さくなって

顔がたるむですとぉぉ〜。

 

骨粗鬆症って、意外なところまで大問題!

ていうか、私いまのところ骨粗鬆症ではないのに、

もう顔の骨小さくなって弛んできてんのか〜!

 

って、2年ほど震えが止まりませんでした。

 

結局どうなの?頭蓋骨のサイズが加齢で小さくなってたるむの?

 

ガラスの50代、震えが止まった理由は、それが誤情報だったから。

いや、ガラスすぎて、私が曲解してしまったのかもしれません。

どちらにしろ、骨量が減ったからといって、

頭蓋骨のサイズはそこまで変わらないというのが真実でした。

 

それを知ったのは、

商品は売れればナンボな怪しい広告や

SNSに溢れるマイルールなキケン美容術などを

バッサバッサと、でも優しく切ってくれる

肌の再生医療の専門家、北條元治先生のYouTube

私が一番、勝手に信頼を寄せている先生。

 

流し見していたので、どのYouTubeだったか覚えていないのですが、

視聴者の質問に答える先生の声が耳に飛び込んできたのです。

「そもそも骨量が減ったからといって、

顔の骨の外径のサイズはそこまで変わらないですからね。

骨の中はスカスカになりますけど」

 

骨の専門家に聞いてみました

えーーそうなの!?

北條先生が言うからにはこれが真実!

 

念のため、骨の専門家、さつま骨格矯正院の薩摩宗治総院長に聞いてみました。

 

私「骨って骨粗鬆症で小さくなるの?」

院長「なるよー」

私「え。そのせいで顔がたるむの?」

院長「うーん…まぁ70とか、おばあちゃんになって、

背が小さくなる頃には?

だけど、40代、50代が骨の大きさでたるむっていうよりは、

骨量が減ることと、顔の筋肉やコラーゲンの減少連動してることの方が原因だね」

 

つまり、確かに骨量が減ると骨は小さくはなる。

けど、40代、50代で外見に影響あるほどには

頭蓋骨の大きさが変わるということはない。

と言うことでした。

 

でもですね、ここで骨量と顔たるみに新たな衝撃の事実が。

ガラスの50代、ぎりぎり粉々寸前です。

 

それは、

 

骨量と筋肉量、コラーゲン量は連動しているので、

骨量が減ることで筋肉やコラーゲンが減り、

筋肉やコラーゲンが減ることで骨量も減るそうです。

 

なんだその負のループは。

 

さらに、骨量が減ることで、

顔の筋肉や皮膚を支える支柱が弱くなって、

結果、頬やこめかみあたりの肉が下がりやすくなると。

 

結論、骨密度は顔のたるみに影響するんだって〜

 

骨は、筋肉やコラーゲンと密接に関係していて、

さらに、皮膚や筋肉、脂肪を支える支柱になっているので、

加齢で骨の再生力(リモデリング)、骨量が減ると、

結果、たるむと。 

 

ほなそうか〜

やっぱり骨が大事か〜。

 

たるみ予防のための骨ケアは?

 

たるみを骨から予防するためには、やはり骨量を減らさないケアが大事。

薩摩先生によると、簡単なのは、

1)歩く

2)太陽に当たる

3)骨を作る成分=ビタミンK2を積極的に摂る

4)骨に刺激(正しいマッサージなど)

 

だそうです。

 

ビタミンK2は、納豆に多く含まれる成分です。

ちなみに、フェムソイも大豆を発酵させた発酵食なので、

ビタミンK2が含まれています。

 

そして、腸内細菌もビタミンK2を腸の中で生成します。

なので、骨活のためには、腸内環境を整えるのも大事です。

 

さらに、女性の場合は女性ホルモン(エストロゲン)が

骨の生成に関わっています。

40代後半以降、エストロゲンが減少すると、骨量も減少しやすくなります。

男性より女性の方が、圧倒的に骨粗鬆症が多いのはそれが理由です。

 

なので、女性の場合は、上の3つに加えて、

女性ホルモンのケアも忘れてはならないのです。

お医者さんではそこ飛ばされがちですけどね。

医学って男性の体で研究されてきたからかな。

 

フェムソイは、エストロゲンのバランスを整える

エクオールも入っています。

エストロゲンが足りない時には、

ヒアルロン酸、骨、血管などを健康に保つエストロゲンの代わりになります。

 

土壌菌で発酵した大豆と、

大豆イソフラボンを発酵して作ったエクオール。

 

いや〜つくづくやっぱりいい商品出してるな〜と、

今日も自分で自分を褒めてあげました笑。

 

100%天然の発酵食品です。

ぜひ骨ケアのためにも取り入れてみてくださいね。

 

*******************

発売1年。おかげさまでリピート率97%!

 

大豆から生まれた100%天然の発酵食品「フェムソイ エクオール プラス」は、

1粒で腸活×女性ホルモンケアの2つが同時にできるサプリメント。

女性の美と健康の土台をカラダの内側から支えます。

更年期からのカラダの変化を我慢しないで、

人生100年を元気に、美人に、自由に生きましょう!

商品を見てみる

 

***************** 

文)久保田ミオ /ラクニコディレクター、美容ジャーナリスト

元ダンサー、食生活指導士、アロマテラピスト

数々の体験と取材から、女性の美と健康は、食と腸と女性ホルモンのケアに宿る!という結論に行き着き、2023年に大豆発酵食品「フェムソイ」を発売。

 

 

ブログに戻る